竹田武史
TAKESHI TAKEDA

京都府出身、同志社大学神学部卒業。写真家・井上隆雄氏に師事。1997年より5年間、日中共同プロジェクト「長江文明の探求」(国際日本文化研究センター主催)に記録カメラマンとして参画し、中国各地に取材を行う。2001年に独立し、旅をテーマに雑誌、ガイドブック、写真集、写真展などで活躍中。2010年「茶馬古道をゆく」で第12回コニカミノルタフォト・プレミオ大賞受賞。日本写真家協会会員。著書に『大長江-アジアの原風景を求めて』(光村推古書院)、『茶馬古道〜中国のティーロードを訪ねて』(淡交社)、『シッダールタの旅』(新潮社)など。
●エネルギーの感じられる作風が好評。海外での撮影経験が豊富で、どんなシーンにも臨機応変に対応できます。お二人やゲストの自然な表情を捉えるため、撮影時の雰囲気作りも大切にしています。

京都府出身、同志社大学神学部卒業。写真家・井上隆雄氏に師事。1997年より5年間、日中共同プロジェクト「長江文明の探求」(国際日本文化研究センター主催)に記録カメラマンとして参画し、中国各地に取材を行う。2001年に独立し、旅をテーマに雑誌、ガイドブック、写真集、写真展などで活躍中。2010年「茶馬古道をゆく」で第12回コニカミノルタフォト・プレミオ大賞受賞。日本写真家協会会員。著書に『大長江-アジアの原風景を求めて』(光村推古書院)、『茶馬古道〜中国のティーロードを訪ねて』(淡交社)、『シッダールタの旅』(新潮社)など。
●エネルギーの感じられる作風が好評。海外での撮影経験が豊富で、どんなシーンにも臨機応変に対応できます。お二人やゲストの自然な表情を捉えるため、撮影時の雰囲気作りも大切にしています。