代表 島内浩一郎からのメッセージ

写真家の計算され尽くしたコンセプトと瞬間の感性により結婚式を「ドラマ」として撮ること。
それが、グラン・プラスのポリシーです。

私が結婚式の写真を撮り始めたのは1994年3月のことです。見知らぬ誰かの結婚式を目にしたときに、「これは絵になる」と直感し、慌ててシャッターを切りました。それまでウエディングフォトといえば、写真館でかしこまって撮るぎこちない写真が当たり前でしたが、技術とアイデアで「ドラマ」としての結婚式を表現できると確信したのです。

結婚式の写真を撮り続けて20年*を経た今も、撮影当日は期待感でいっぱいになります。1週間も前から天気が気になり、「雨の場合はどこで撮影しようか」「何かふたりが喜ぶシーンはないか」。頭の中で何度もシミュレーションを繰り返します。
グラン・プラスはそんな風に、結婚式をドラマチックでアート感覚溢れる写真に仕上げる写真家たちが多数所属しています。それぞれの写真家の感性で結婚式をどんな風に切り取るのか、そしてふたりにはどんなドラマが紡がれていくのか、楽しみにしてください。

*2005年には島内浩一郎が十数年にわたり撮りためたウエディングフォトを編集した写真集、「東京花嫁」が出版されました。式場外の雑踏に新郎新婦を連れ出すことにより、ブライダルを通して時代とスタイルを表現した一種のファッション写真として今でも高い評価を受けています。

 

ウエディングドレスで、街に繰り出す

結婚式の主人公はあなたです。
綿密な打ち合わせをすることで
子どもの頃に描いた夢を叶えましょう。

「銀座の交差点をウエディングドレス姿で走りたい」「日本銀行の地下金庫で銀行強盗を気取りたい」。子どもの頃に描いた夢も、まるで映画のワンシーンのように叶えることができるかもしれません。結婚式場内だけでなく、街角に連れ出して撮影する「ウエディングドレス姿のロケ」もグラン・プラスのオリジナルスタイルです。後で見て本当に懐かしく感じるのは時代を写した風景です。それらが一緒になり、変化に富んだアルバムを作ることができます。

 

コントロールされた光のもと、最高の美しさを。

光をコントロールすること。
それは計算された旋律のように、
空気感までもを美しく。

自然光は朝夕や季節、天気によってもいろいろな姿を表します。
その中でどの場所でどの光をコントロールし、
撮影していくかはフォトグラファーの技量で決まります。
グランプラスのフォトグラファーは花嫁の美しさや空気感を最大限に引き出すため、
移り行く光を計算して撮影を進めていきます。
RAW撮影*したデータには、画像ソフトを駆使してレタッチ作業を行い、
当日のドレスのディテールまで美しく再現します。

*RAW撮影とは広告撮影の現場で使われる撮影手法です。
RAW撮影はJPEG撮影に比べ、
明るさや微妙な色調・粒状性などの調整がしやすいため、
より階調豊かに美しく表現することが可能です。

 

色褪せないドキュメンタリー・フォト

本当に大切なことは演出で作り出せません。
その日の空や友人の思わぬ涙。
グラン・プラスはその瞬間を逃しません。

私たちが撮影するウエディングフォトには、結婚式当日を彩るさまざまなものごとが織り込まれています。その日の街並みやぽっかりと空に浮かぶ雲。そして、心からの祝福を贈る友人、両親の歓びと寂しさが入り交じった笑顔、幸せに包まれた新郎新婦の姿。あなたが見たかもしれない景色であり、見なかった景色もあるかもしれません。それらすべてが、あなたの特別な一日を構成するエレメントです。

 

かけがえのない家族写真を残したい

家族とのふれ合いが難しい結婚式当日。
非日常的な一日の中にしか生まれない
家族との特別な瞬間を残します。

たくさんのゲストに囲まれ、何かと慌ただしい結婚式当日は、家族とふれ合う時間もなかなか取れません。支度中のわずかな時間が、家族との時間になります。結婚式という特別な一日だからこそ、家族に対して素直に感謝や愛情を表現できることもあるでしょう。たとえば、新郎がお母さんを抱き締めたり、お父さんが娘の花嫁姿を一生懸命撮影したり、姉妹揃って談笑したり。そんな家族のワンシーンを写真に残すことで、家族の思い出と絆が深まります。